«
»

歯舞・色丹2島を最低か上限か各党が日露交渉を問うた「日曜討論」

◆北方領土返還の行方

 東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議、東アジアサミット、アジア太平洋経済協力会議(APEC)では、舞台となる地域で「自由で開かれたインド太平洋戦略」、シルクロード経済圏構想「一帯一路」をそれぞれ打ち出す米国と中国の対立が際立つ中で、唐突ながら注目されたのが、14日にシンガポールで行われた安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領との日露首脳会談だった。

 ここで首相は、平和条約締結後に歯舞・色丹2島を引き渡すとした1956年日ソ共同宣言を基礎に平和条約締結交渉を加速させる合意をしたと発表し、年明けに訪露すると表明。「私とプーチン大統領の手で終止符を打つ」と決意を示した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。