«
»

ISSからのカプセル回収で「有人」視野に将来像示せと迫った産経

◆日本独自の回収は初

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、国際宇宙ステーション(ISS)での実験で得た試料を、自前の手法で回収することに成功した。

 ISSに必要物資を運ぶ日本の無人補給機「こうのとり」7号機は、帰路、不用となった物資を積み、大気圏再突入で焼失したが、大気圏再突入前に、実験試料を入れた小型カプセルを分離。小型カプセルは大気圏を無事通過し、予定通り南鳥島沖に着水し回収されたのである。

 実験試料の回収はこれまで米スペースシャトルで、シャトル退役後の現在は、ロシアの「ソユーズ」宇宙船か米スペースX社の「ドラゴン」補給船しかない。ISS計画で日本が独自に物資を回収したのは今回が初めてである。

 これについて、社説で論評を載せたのは、産経(13日付)と日経(15日付)の2紙のみ。見出しを記すと、産経は「『有人』視野に将来像示せ」、日経は「宇宙カプセル技術どう生かす」である。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。