«
»

安倍首相国会答弁に「立憲主義の否定」と噛みつく東京のウソ見出し

◆朝日が持ち出す手法

 「立憲主義」を持ち出して“安倍叩き”をやる。朝日はこの手法に拍車を掛けている。安倍晋三首相が1月の施政方針演説で、「自由や民主主義、人権、法の支配の原則こそが、世界の繁栄をもたらす基盤」とし、「こうした基本的価値を共有する国々と」連携を深めると述べたところ、1面コラム「天声人語」はこう皮肉った。

 「首相が列挙した『価値』はいずれも近代西洋の産物だ。しかし、首相も加わってつくった自民党の憲法改正草案は、むしろ西洋離れを打ち出していた。…演説とはずいぶん毛色が違うけれども、このずれをどう考えるのだろうか」(1月25日付)  天声人語は自民党の改憲草案がわが国の歴史、伝統、文化に立ち返ろうとしていることを「西洋離れ」と決めつけ、立憲主義に反するかのように論じている。これに応じて野党議員が衆院予算委で取り上げると、社説では「立憲主義とは 首相の不思議な憲法観」(2月6日付)と、安倍首相の答弁に噛(か)み付いた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。