«
»

雪の首都圏の混乱を実況しながら雪害予算には歯切れ悪い報道番組

◆車の運転に警告的中

 ソチ冬季五輪が開幕し、9日放送のフジテレビ「新報道2001」(新報道)は女子モーグル4位入賞の上村愛子選手の夫でアルペンスキーの皆川賢太郎選手ら元五輪選手はじめスポーツ関係の評者らが出演、また、テレビ朝日「報道ステーションSUNDAY」(報ステ)も雪上の華やかな熱戦を伝えた。

 が、同じ雪上でも、8日から9日未明にかけて関東を襲った大雪による交通の混乱が話題の半分を食ってしまった。考えてみれば五輪は4年に1度、夏季大会を織り込めば2年に1度だが、東京の都心で27㌢の積雪を観測するのは45年ぶり。たかが天気とはいえ、東京での大規模な雪害報道は珍しい。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。