«
»

「女性受験者冷遇」と断じたが、追及不足だったアエラ「東京医大の闇」

◆生え抜き医師を優遇

 アエラ8月27日号は「東京医大の闇」と題して、同大学への政府高官子弟の情実入学やその後明らかになった男女受験者に対する採点のさじ加減の実態を捉え、「女子が『合格しにくい』医学部ランキング」の調査記事、東京医大卒で医者の香山リカ氏へのインタビュー、女子現役医師3人による仮名鼎談(ていだん)、の3本立てで特集している。

 調査記事は、大学別に2018年度の医学部志願者と合格者に占める女子の比率(大学通信調べ)の表を示し、女子合格者比率を志願者の女子比率で割った数値の低い順から「女子の合格しにくさ」としてランク付けしている。

 それによると東京医大の女子志願者は39・2%に対し合格者は15・9%。合格者比率を志願者比率で割った数値=「女子の合格しにくさ」は40・5で、53大学医学部中トップ。2位の聖マリアンナ大の54・5をかなり引き離している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。