«
»

鳩山政権普天間移設案を解決寸前と特集した「報ステS」の羊頭狗肉

◆「腹案」の存在は意外

 テレビ朝日が1月26日に放映した「報道ステーションSUNDAY」の中に、「“幻”の普天間移設案」という特集があった。在沖縄米軍普天間基地の辺野古移転については昨年12月に政府と沖縄県が合意、長年の懸案に安倍政権が実行力を示したわけだが、1月19日投開票の名護市長選では移設反対派の現職・稲嶺進氏が再選。改めて難題を浮き彫りにした。

 このタイミングで番組が、普天間移設問題の解決に「限りなく近づいたことがあった」と前置きし、それが「意外にも鳩山政権末期のこと」というのだから、確かに意外だ。果たして解決に限りなく近づいたかどうか、引き込まれる。

 その案件は、2009年9月から10年5月まで政権にあった鳩山由紀夫首相の下で行われた、軍事アナリスト・小川和久氏と当時民主党国際局長の藤田幸久氏による「水面下の交渉」だった。「昨年暮れ小川氏はこの水面下の交渉を論文にまとめた」ことで日の目を見たわけだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。