«
»

アフリカ現地の教育に尽力する稀有な日本人を扱ったNHKBS1

◆首相の訪問が契機に

 NHKBS1で夜10時(月曜日~金曜日)から、世界の時事的な動きに沿って、テーマを立てながら解説する番組「ワールドWAVEトゥナイト」(WWT)がある。

 14日はモザンビークで日本の支援でつくられた私立学校が国の発展に寄与している点を、16日には、日本人社員10人が犠牲になった「アルジェリアの人質事件」から1年をテーマにそれぞれ報道していた。

 海外に進出する日本企業は、アルジェリア事件を契機に、一層、安全対策の強化に取り組んでいる。

 ケニアでは、高圧電流が流れるフェンスを設置し、現地の治安当局に武装警察官を派遣してもらって警備の充実に取り組むインフラ事業受注会社もある。現地人スタッフとの連携も強化している。

 現地の日本大使館の仲介もあって実現にこぎつけた。海外進出企業のアンケート調査では、日本大使館に地元治安当局への橋渡しを要望している企業は実に8割だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。