«
»

テロ防止策に言及せず防犯カメラに反対する空想的平和主義の朝日論説陣

◆記者は献身的に取材

 「赤報隊事件」と題されたNHKドラマが先週、放映された。1987年に朝日新聞阪神支局が襲撃され小尻知博記者が死亡した事件で、赤報隊が犯行声明を出したが、犯人逮捕に至らず、未解決のまま15年前に時効となった。

 ドラマは犯人を追う朝日記者らを描く。およそ1年ぶりに俳優に復帰した元SMAPの草彅剛さんが取材班のリーダー役(樋田毅氏=昨年末退社)を見事に演じていた。朝日28日付「天声人語」は「筆者が教えを受けた先輩記者たちが実名で次から次へと登場する。片時も画面から目が離せなかった」と感慨深げに記している。

 樋田氏らは「犯人を突き止めるまで記事を書かなくてもよい」との社命を受け、取材に駆けずり回った。本懐を遂げるまで藩に戻らなくてよい。朝日の社命は「仇(あだ)討ち」を思わせた。それに応じた現場記者には頭が下がった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。