«
»

訪日外国人客が見いだす「日本」の良さや潜在性を伝えた新春「新報道」

◆SNSが変える流れ

 驚きの瞬間や笑える一発芸、干支(えと)の戌(いぬ)年にちなんだ愛犬のかわいい仕草など、お茶の間で視聴するテレビでもネット上にあるような投稿動画の映像が目立つ。ネット時代は情報の流れをいろいろと変えている。

 とりわけ、携帯端末は見知らぬ土地の道先案内として重宝するもので、観光客の流れも変えた。昨年の外国人訪問者は19・3%増の2869万人だが、7日放送のフジテレビ「新報道2001」新春スペシャルで扱った外国人観光客の年末の訪問先を見ると、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に投稿された写真や口コミなどを通じて、意外な場所まで旅をしているのが面白い。

 冒頭、「年の瀬に、隅田川の近くで外国人が集まる場所がある」というナレーションで、東京・日本橋浜町にある荒汐部屋の相撲の朝稽古に来た外国人たちを紹介。ビル1階の荒汐部屋は店のショーウィンドウのように窓を大きくし、力士の稽古が見える。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。