«
»

北朝鮮問題の分析甘過ぎる毎日と「中露朝密輸ネットワーク」暴露した読売

◆ゲリラ侵入から50年

 新たな年を迎えた。平成30年、明治から数えて150年の節目の年。年頭から日本列島は寒波に見舞われている。どうやら厳冬の1月になりそうだ。お隣の朝鮮半島はどうだろうか。寒さはわが国よりはるかに厳しいはずだ。

 それで50年前の1968年1月の出来事が脳裏に蘇(よみがえ)った。その年も厳冬だった。凍(い)てつく休戦ラインを越えて北朝鮮の武装ゲリラ31人が韓国に侵入し、朴正煕・韓国大統領(当時)を暗殺しようとした。ソウルの青瓦台(大統領府)近くにまで入り込んだが、発見され銃撃戦の末、射殺されて事なきを得た。

 ゲリラのうち1人だけ生き残った金新朝氏に話を聞いたことがある。「朴大統領さえ殺せば、民衆は革命に立ち上がると教えられていた」と述べていたのが印象的だった。韓国に侵入後、ゲリラと知られないように日本製の背広とレインコートに着替えたとも。工作員が日本から調達したのか、ぞっとする証言だった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。