«
»

文春・新潮は慰安婦問題の根っこにいる「反日日本人」にもメス入れよ

◆背後に中韓反日団体

 韓国文在寅政権の“反日暴走”が止まらない。トランプ米大統領歓迎晩餐会に「慰安婦」を出席させ、エビに「独島」の名を冠して供するかと思えば、極め付けは「従軍慰安婦の日」まで制定する。一昨年12月の日韓合意で「最終的かつ不可逆的」に解決したはずなのに、いまだに蒸し返されているのだ。いったい韓国は何をもってゴールにしようとしているのだろうか。

 「慰安婦像」の方は今や韓国内だけでなく、米サンフランシスコ、豪シドニーなどにも設置され、さらに増やそうという動きがある。国連人権理事会対日部会では誤った情報を基に、対日慰安婦決議を採択するよう勧告まで出された。

 週刊文春(12月7日号)は韓国での反日攻撃と、国際舞台での慰安婦像設置の背後には韓国人、中国人の反日・抗日団体がおり、日本を貶める攻撃に血道を上げている実態があると暴いている。「『慰安婦像』の正体を暴く!」の記事だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。