«
»

「靖国参拝」の動機探った文春、米国内反応を綴るニューズウィーク

◆米政権の文化理解は

 安倍晋三首相の靖国神社参拝は、「オウンゴール」(豪紙)だとか、「お粗末な大誤算」(米誌)などと批判されているが、当の首相は「世界中からの批判」(韓国紙)で今後の参拝を控えるかと思いきや、さらに参拝することにも含みを持たせている。その強い思いはどこから来ているのだろうか。

 週刊文春(1月16日号)が「安倍靖国参拝全内幕」の記事でその背景を説明している。それによると、首相は「今回は行くしかない」「約束なんだ」と「長年の親友」に語っていたという。

 前政権の時に参拝できなかったことを「痛恨の極み」として抱えていた首相としては、今回は何があっても行かなければならない、という強い決意を固めていたわけだ。「総裁選やその後の衆院選で自分に票を入れてくれた人たちへの約束」があったというわけである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。