«
»

難題山積で保守系紙でも論調が割れた東海第2原発の運転延長申請

◆福島第1と同じ型

 福井県の西川一誠知事が、関西電力大飯原発3、4号機の再稼働に同意した。これで、地元同意の手続きは終わり、関電は年明け以降に2基を順次再稼働させる。

 問題はそれより前に、日本原子力発電が原子力規制委員会に申請した東海第2原発(茨城県東海村)の運転延長である。

 同原発は来年11月に40年の運転期限を迎える。原子力等規制法は原発の運転期間を原則40年と規定、規制委が認可すれば20年延長でき、これまでに関電の美浜3号機など3基が認められている。

 ただ、関電3基と違うのは同3基が加圧水型なのに対して、東海第2原発は東京電力福島第1原発と同じ沸騰水型であること。来年11月までに規制委の安全審査に合格し、工事計画と運転延長の認可を得られなければ廃炉となる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。