ワシントン・タイムズ・ジャパン

米軍属の女性遺体遺棄事件 反基地でなく犯罪防止を

米軍属の女性遺体遺棄事件 反基地でなく犯罪防止を

綱紀粛正に努める在沖米軍

《 沖 縄 時 評 》

 沖縄県うるま市のOL・島袋里奈さん(20)が殺害、遺棄された事件で、米軍属のシンザト・ケネフ・フランクリン容疑者(32)が逮捕された。

 シンザト容疑者はニューヨーク州出身で、2007年から14年まで米海兵隊に所属。その後、軍を辞め、軍属として米軍嘉手納基地内のインターネット会社に勤務。県人女性と結婚し女性の実家に4月に引っ越したばかりで、生後数カ月の子供もいた。

 それがなぜ惨劇に及んだのか、犯行の動機や経路を徹底究明しなければならない。犯罪者には厳正な「法の裁き」を受けさせ、罪を償わせねばならない。そして惨劇の再発を防がねばならない。

 その際、留意すべきは憲法が人種や信条、性別、社会的身分、門地などで差別されない「法の下の平等」を明示していることだ(第14条)。裁判でも「法の下の平等」は論をまたない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。