«
»

自民党の立党60年 「歴史・未来本部」で議論へ

自民党の立党60年

「党の使命」に沿い理念作業

 自民党の機関紙「自由民主」(12・8)は11月29日に行われた「立党60年記念式典」の紙面だが、7面に「歴史を学び未来を考える本部」設置――の記事が載っている。「立党の精神に立ち返り、未来を考える」の見出しとともに「設置の趣旨」「構成等(本部長・谷垣禎一幹事長、本部長代理・稲田朋美政調会長…)」をアナウンスしたものだ。戦後70年・立党60年を機に、自民党として歴史観、国家観、未来観などをさぐる理念的な作業を行う。

 自民党の立党は1955年。当時の自由党と民主党の保守政党2党による保守合同で結党した際に「立党宣言」「綱領」「党の性格」「党の使命」「党の政綱」の基本文書を定めた。これに立党50年の05年に「立党50年宣言」「新綱領」「新理念」を定めた。また野党になった10年に「平成22年綱領」を定めている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。