«
»

「自由民主」の選挙分析

業績評価し「格差」に警鐘/民意検証した川上和久氏

 自民党の機関紙「自由民主」は1月20日号と1月27日号で、同紙が「計量政治分析の第一人者」と紹介する明治学院大学教授・川上和久氏による「『振り子現象』に終止符~与党圧勝をもたらした民意~」を上下で連載した。

 12月衆院選での自民、公明の与党圧勝を「2年間の安倍政権の歩みに、一定の『業績評価』がなされた」とみる川上氏は、選挙結果の民意の特徴として次の四つを指摘した。

 ①「自民党の今回の比例代表での得票数は、投票率が下がったにもかかわらず、1765万8916票と、2012年の衆院選から約100万票上乗せされている」、②「民主党は…977万5991票で、そこから15万票上乗せしたに過ぎず」、③「約1000万票もの『第三極票』が消えたことになる」、④共産党は「2012年の比例代表368万9159票から今回は606万2962票と240万票近く伸ばした」(20日号)。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。