ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

「誤りなし」と朝日OBの詭弁、「吉田調書」誤報批判に反論

 慰安婦に関する朝日の誤報問題で、多くのメディアで発言する池田信夫は、その著書『朝日新聞 世紀の大誤報』で「日本軍の戦争犯罪を糾弾するのは当たり前で、誰も反論しないので、多少は事実誤認があって大丈夫という感覚があったと思う」と書いているが、同じことは「吉田調書」誤報問題にも言える。

 「WiLL」は1、2月号の2度にわたって、ジャーナリストの櫻井よしこと、元朝日新聞編集委員(現デモクラTV代表)の山田厚史を朝日新聞問題について議論させた。吉田調書誤報を主なテーマにした2月号「『朝日問題』で問われる日本のジャーナリズム」で、朝日のスクープ記事(5月20日付)に関して、山田は「所長命令に違反 原発撤退」の見出しは「誤解」を招いたが、「記事そのものについては、取り消しに値するような誤りはなかった」と主張した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。