«
»

事故が相次ぐJR北海道問題で極左系労組に踏み込まない新聞報道

◆週刊誌は指弾したが

 「いつの日も 真実に 向き合う記事がある」。15日から始まった新聞週間(21日まで)の代表標語だ。

 新聞のスローガンとしては申し分のない内容だが、不祥事や事故が相次ぐJR北海道をめぐる新聞報道では、いささか心もとない。週刊文春のコラム欄「新聞不信」は「なぜ『労組の闇』に触れないのか」(10月10日号=3日発売)と、なじっている。

 各紙は同社のずさんな企業体質や民営化に伴う採用抑制による現場の衰退などを指摘するが、それらは他のJR各社にも見られることだ。それなのになぜ、北の一社にとりわけ「ずさんな企業体質」が顕著なのか。

 コラム氏はずばり問題の本質を「労組」と断じ、そのことをあまり報じない新聞報道を批判する。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。