«
»

スマホによる脳破壊 毒性は「麻薬」レベル

情報封鎖に遭う川島氏の論文

 スマートフォン(スマホ)が普及し生活必需品となるに伴い、その過剰な使用の弊害がさまざまな場面で表れている。

 例えば、自動車の「ながら運転」。この問題への対応は、罰則が強化された上、一定の速度が出ると、スマホが使えなくなるアプリも登場するなど、一応進んでいる。

 非常に深刻なのに、対応が難しいのは子供の学力低下だ。経済協力開発機構(OECD)の国際学習到達度調査(PISA、79カ国・地域の15歳が対象で2018年実施)で、日本は「読解力」が前回15年調査の8位から過去最低の15位に後退した。

 その要因の一つと考えられているのが、子供のスマホ使用の長時間化。単純に考えれば、スマホ使用に時間を奪われれば、その分、読書量が減るから、読解力の低下とスマホ使用に関連性があると推測できる。その上、スマホ使用で脳が破壊されることを示す研究結果も出ているのだから、その弊害は一般の認識以上に重大である。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。