«
»

石垣市自治基本条例の「正体」 現代版ソビエトづくりが狙い

石垣市自治基本条例の「正体」 現代版ソビエトづくりが狙い

「地域の憲法」名乗り反基地闘争 起源はロシア革命に

《 沖 縄 時 評 》

 沖縄県の石垣島は県庁所在地の那覇から410キロの南西に位置し、台湾からは270キロ。唯一の自治体、石垣市は尖閣諸島を所管しており、防衛上の要衝だ。その石垣市で昨年12月、市議会定例会で自治基本条例の存廃をめぐって攻防が繰り広げられた。

 自民系与党市議らが同条例廃止案を提案、これに対して革新系が猛反発。沖縄本島の左派メディアが革新系の“援軍”に加わり廃止案反対キャンペーンを張り結局、10対11の僅差で廃止案は否決された。沖縄タイムスは「石垣の憲法守られた」(12月17日付)と喝采を挙げた。いったい自治基本条例は何なのか。

 条例の起源は実にロシア革命まで遡(さかのぼ)る。ツアー・ロシア(ロマノフ朝)は1917年の革命で幕を閉じたが、多くのロシア国民にとっては想定外だった。革命勢力=ボリシェビキ(ロシア共産党)は少数勢力にすぎなかったからだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。