«
»

琉球王国という幻想 中朝が反日反米に利用

琉球王国という幻想 中朝が反日反米に利用

元は米が仕掛けた分断工作 観光誘致目的の俗称

《 沖 縄 時 評 》

 「沖縄はかつて琉球王国という独立国だった」

 多くの日本国民がうっすらと思い込んでいることだろう。沖縄県民はさらに踏み込んで、きらびやかな琉球王国時代をノスタルジックに追憶している。実際には近代国家でいうところの琉球王国という独立国家は存在しなかったにもかかわらずだ。そもそも「琉球王国」という名称自体が幻想である。

 「琉球王国」というネーミングは、琉球政府唯一の公選行政主席ならびに初代沖縄県知事であった屋良朝苗が、本土復帰運動と復帰後の観光誘致のために普及させた俗称だという。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。