«
»

NHKの左傾化

統制が効かないEテレ

 先の参議院選挙で議席を獲得した「NHKから国民を守る党」(N国党、立花孝志代表)が注目を集めるとともに、NHK改革への関心が高まっている。

 月刊「正論」10月号が特集「本当に『みなさまのNHK』?」を組んだのはそんな背景があるからだ。NHK改革のポイントは大きく二つある。N国党の主張するスクランブル化と番組の左傾化だ。

 同誌の特集で、政策シンクタンク代表の原英史はスクランブル化について「結論からいえば、正論だ」(「諸悪の根源は政治との『談合』にあり」)と述べている。スクランブル化とは、見たい人だけが受信契約し、契約しない人が見ることができないようにスクランブルをかけて放送する制度だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。