«
»

参院選結果と沖縄基地問題 民意は辺野古移設推進

参院選結果と沖縄基地問題 民意は辺野古移設推進

賛成派が反対派の倍以上当選 民主党政権時に決定

《 沖 縄 時 評 》

 普天間飛行場は、在日米軍海兵隊の軍用飛行場である。2700メートルの滑走路を持ち、嘉手納基地と並んで沖縄におけるアメリカ軍の拠点となっている。普天間飛行場は宜野湾市のど真ん中に位置し、市の面積の約25%を占める。海兵隊の主力輸送機オスプレイ24機のほか、55人を一挙に運べるCH53E大型輸送ヘリ12機、AH1Z攻撃ヘリ12機など、計58機が常駐する。外来機もたびたび飛来する。

 普天間飛行場の周辺には120カ所の学校や公共施設などが存在し、市民は絶えず墜落の危険性と騒音などの基地被害にさらされている。危険な普天間飛行場を辺野古に移設することを、2006年に名護市長、08年に県知事が政府と合意し、紆余(うよ)曲折はあったが10年の民主党政権の時に辺野古移設が決まった。民主党政権の次に誕生した自民党の安倍晋三政権が移設工事に着工し、進めてきた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。