«
»

翁長知事国連訴訟の真相 権限逸脱した国連演説

翁長知事国連訴訟の真相 権限逸脱した国連演説

請求期限超過に正当な理由 資格欠如隠した2紙

《 沖 縄 時 評 》

 「翁長知事国連演説訴訟」の控訴審判決が5月9日、福岡高等裁判所那覇支部で言い渡され、大久保正道裁判長は原告側の控訴を棄却した。

 これは、故翁長雄志前知事が2015年にスイスの国連人権理事会で、参加資格がない立場で演説を行いながら公務としたのは不当だとして、県民有志でつくる「沖縄県政の刷新を求める会」のメンバーが、公費から支出された諸経費(渡航・宿泊費等)の県への返還を求めた住民訴訟だ。

 原告は知事の国連演説の2年後の17年10月13日、県に住民監査請求を行った。しかし同27日に「1年以内の請求期限を経過した不適当な請求」、すなわち「時効」として却下されたため、住民訴訟に踏み切った。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。