«
»

辺野古移設が唯一の方法、普天間の機能は必要不可欠

辺野古移設が唯一の方法、普天間の機能は必要不可欠

在沖米軍トップらとマスコミが意見交換

《 沖 縄 時 評 》

 米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古沖への移設をめぐり、「基地反対」が沖縄の民意のように県内外のメディアは報じている。しかし、一般的な県民意識としては米軍に対して友好的だ。

 2月24日に実施された辺野古埋め立ての是非を問う沖縄県民投票では埋め立て反対は72%。玉城デニー知事は、有権者の4分の1以上が反対した結果を根拠に、移設工事中止を安倍晋三首相に要請した。

 一方、首相は「県民投票の結果は真摯(しんし)に受け止めながら、一つ一つ負担軽減に向けて結果を出していきたい」と述べたが、辺野古移設に関しては玉城氏の要請には応じなかった。

 米政府も現実味のない沖縄の再度の提案に冷ややかだ。ロバート・ケプキー駐沖縄米総領事と在沖縄米軍トップ(四軍調整官)を兼務するエリック・スミス在日海兵隊司令官がこのほど、世界日報を含むマスコミとの意見交換会に出席した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。