«
»

違憲判決の孔子廟訴訟 控訴に賛成した共産党

違憲判決の孔子廟訴訟 控訴に賛成した共産党

政教分離の党綱領と矛盾 地裁で那覇市が敗訴

《 沖 縄 時 評 》

 那覇市在住の金城テルさんはこのほど、那覇地方裁判所の孔子廟(びょう)裁判に全面勝訴した。この裁判は那覇市が憲法違反をしているか否かの裁判である。その裁判で金城さんは那覇市に勝った。那覇市が憲法違反をしているということを那覇地裁は認めたのである。

 孔子廟訴訟は、那覇市の市有地である松山公園の一部を無料で貸して、久米至聖廟(孔子廟)の設置を許可し設置させたのは憲法の政教分離第20条1項に違反しているから使用料の免除措置は無効であるとして、那覇市は4カ月間の使用料の支払いを当時の那覇市長に求めた訴訟である。

 第20条1項を解説すると、国が特定の宗教団体に政治的または経済的特恵を与えないこと、または、国や国の機関が宗教教育その他の宗教活動をしないことなどが挙げられる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。