■連載一覧
  • 検証’18米中間選挙
  • 人口減少社会を超えて 第2部・戦後人口政策の誤り
  • 新閣僚に聞く
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 2018/11/11
  • 2018/10/29
  • 2018/10/25
  • 2018/10/15
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 渥美 堅持
    渥美 堅持
    イスラーム専門家
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    遠藤 哲也
    遠藤 哲也
    元日朝国交正常化交渉日本政府代表
    服部 則夫
    服部 則夫
    元ベトナム大使
    石井 貫太郎
    石井 貫太郎
    国際政治
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮塚 利雄
    宮塚 利雄
    北朝鮮専門家
    中澤 孝之
    中澤 孝之
    ロシア問題
    太田 正利
    太田 正利
    外交評論家
    ペマ・ギャルポ
    ペマ・ギャル...
    チベット・中国問題
    佐藤 唯行
    佐藤 唯行
    ユダヤ人問題
    渡瀬 裕哉
    渡瀬 裕哉
    早稲田大学招聘研究員
    山田 寛
    山田 寛
    元読売新聞アメリカ総局長

    「安倍3選」控えた朝日新聞の不気味な沈黙と内閣支持率

     朝日新聞が「嘘の新聞」と言われて久しいのですが、『「noindexタグ」事件の朝日新聞は明らかに国民の敵』でも触れた、悪質なメタタグ埋め込み事件を振り返ると、やはり日本の本質的な問題は「選挙で選ばれたわけでもない勢力が絶大な権力を握り、日本の国益を破壊していること」だと痛感せざるを得ないのです。憲法改正はもちろん大切ですが、場合によっては、憲法改正よりも財務省解体、NHK解体、放送法改革などを優先しなければならないのかもしれません。

    メタタグがわざとじゃないはずはない

    ●嘘の新聞の本領発揮

     今週、『「noindexタグ」事件の朝日新聞は明らかに国民の敵』でも触れましたが、朝日新聞による「メタタグ埋め込み事件」は、報道機関としての朝日新聞の非常に悪質な側面が出たものだと私は考えています。

    http://shinjukuacc.com/20180910-01/
     この事件は、朝日新聞の慰安婦関連報道の英語版の検証記事に「noindex」などのメタタグが埋め込まれ、検索エンジンに引っかからない仕組みになっていた、というものです。しかも、これらのメタタグが埋め込まれているとの指摘を受けた朝日新聞側は、取材した産経新聞に対し、


    「記事を最終確認するため社内のみで閲覧できる状態で配信し、確認を終えてから検索可能な状態にした(が、)その際に2本のタグ設定解除の作業が漏れてしまった」。


    と述べたのだそうですが、こうした支離滅裂な言い訳に納得できるという人がいるのなら、逆に教えてほしいと思います。

     しかも、事件はそれだけでは終わりません。

     最初からメタタグを埋め込まれた英語版記事の元記事である日本語版記事にも、「後から」メタタグが埋め込まれていたことも判明したからです。この理由について朝日新聞社は、さらに


    「8月23日に英語版のタグについて産経新聞の取材を受けた際、日本語版の記事についても確認作業をした。その際に配信システムの操作を誤り、記事の設定が変わっていたことが分かった」

    と述べたのですが、状況証拠などからは、これは「操作を誤って記事の設定が変わった」のではなく、「絶対に検索されたくないから、わざわざメタタグを仕込んだ」としか考えられません。

     なぜ朝日新聞は自分たちの誤りすら、素直に認められないのでしょうか?

     ここまでくれば、朝日新聞はもはや「報道機関」ではなく、「プロパガンダ機関」かなにかに成り果てている証拠でしょう。もはや末期的な状況です。

    ●J-CASTニュースの不正確な記事

     ところで、なぜこの話題を再び持ち出したのかといえば、J-CASTニュースに昨日、少し気になる記事を見つけたからです。

    ■朝日の慰安婦記事でまた… 「検索回避タグ」再指摘うけ「追加修正」(2018/9/12 19:08付 J-CASTニュースより)
    J-CASTニュースが取り上げている話題は、私が『「noindexタグ」事件の朝日新聞は明らかに国民の敵』で取り上げたものとまったく同じものですが、これについて、J-CASTニュースは


    「慰安婦問題をめぐる朝日新聞の対応が、また後手に回っている」


    などと報じています。

     しかし、これは「対応が後手に回っている」のではなく、「姑息な手段で記事を隠そうとしたのがネットでばれて炎上している」という表現の方が正しいのではないでしょうか?

     実際、J-CASTニュースの記事では、


    「…英語版記事ページの一部に、検索エンジンにヒットしにくくなるタグが埋め込めれていたことが18年夏に発覚。指摘を受けた朝日は英語版記事から検索回避タグを削除したが、点検作業の際に、日本語版の記事に誤ってタグを設定。改めて指摘を受けて謝罪することになった。」(※下線部は引用者による加工)

    とあります。しかし、下線部のうち1つ目の、「検索エンジンにヒットしにくくなるタグ」というのは、非常に不正確な表現です。そもそも、「ヒットしにくくなる」という次元の話ではありません。検索エンジン上、インデックスもアーカイブもされないため、検索エンジンにはまったく表示されない、という意味です。

    また、2つ目の「誤ってタグを設定」という下りについては、朝日新聞社の言い分をそのまま垂れ流している説明であり、極めて不適切です。せめて「『誤ってタグを設定した』と朝日新聞社側は説明している」とでも記載すべきではないでしょうか?

     J-CASTニュースは、普段、一般のメディアがあまり取り上げないニュースを積極的に取り上げているため、私個人的には非常に高く評価していたのですが、今回の記事についてはやや残念だと言わざるを得ません。

    ●反社会的な新聞社

     いずれにせよ、私は朝日新聞社がこれらのメタタグを埋め込んだことについては、「確信犯」的な行為だと考えています。「社内閲覧用でタグを埋め込む」ということは、通常のウェブサイト運営をしているとあまり考えられず、むしろ「検索されたくない事情があったからタグを埋め込んだ」と考えるべきだからです。
     そもそも、一連の慰安婦関連報道は、日韓関係を破壊しただけでなく、今日に至るまで日本人の名誉と尊厳を傷つけ続けています。本来、朝日新聞社が捏造報道の大元であるため、朝日新聞社が全世界にばら撒いた記事については、朝日新聞社が責任を持って訂正して回る必要があります。

     しかし、一連の騒動から考えるならば、朝日新聞社がこの捏造を完全に否定する意思を持っていないことは明白であり、よって、朝日新聞社が日本国民の敵であることは、もはや疑念のない事実となったと考えて良いでしょう。

     ただ、そうなってくると、私たちが警戒しなければならないのは、慰安婦問題という「過去の捏造報道」だけでなく、今後も日本のさまざまな動きを阻止するために、言論テロの類いを仕掛けてくる可能性が高い、ということです。

     朝日新聞の発行部数は、公称で600万部弱だそうです。もっとも、現実には400万部を割り込んでいるのではないかとの指摘もありますが、これについては私自身がしかるべき情報源で「事実」として確認したわけではないため、この「実売部数のごまかし」という論点については、本日は敢えて触れません。

     ここで重要なのは、あれだけの大規模捏造報道事件を起こしていながら、いまだに朝日新聞が日々、600万部もの新聞をのうのうと刊行しているという事実であり、それなりの社会的影響力を保っている、という不気味さです。

    朝日新聞の不気味な沈黙と総裁選

    ●「朝日新聞の」世論調査で支持率が再逆転

     朝日新聞の不気味な沈黙といえば、今週初めに世論調査を発表しています。
    ■世論調査―質問と回答〈9月8、9日実施〉(2018年9月11日01時22分付 朝日新聞デジタル日本語版より)


     これによれば、朝日新聞社が9月8~9日に実施した世論調査では、内閣支持率は41%、不支持率は38%であり、前回調査(支持38%/不支持41%)がちょうど逆転した格好となっています。あれだけ「石破推し」「安倍下げ」をしていたにも関わらず、です。

     また、政党支持率についても、自民党が40%で前回の36%から上昇する一方、衆議院の最大野党・立憲民主党は5%で、前回の6%からさらに低下。以下、「▼国民民主党(1%)、▼公明党(2%)、▼共産党(3%)、▼日本維新の会(1%)」などとなっています。

     なお、四捨五入の関係でしょうか、自由党、希望の党、社民党、日本のこころなどは、いずれも0%でした。また、「支持政党なし」は36%と前回の41%から下落し、自民党の支持率と逆転しているのも印象的です。

     つまり、「あの」朝日新聞の調査ですら、内閣支持率が不支持率を上回ったという事実、立憲民主党の支持率が5%に過ぎないという事実、自民党以外の全政党の支持率を足しても自民党の支持率の3分の1にも満たないという事実が歴然と示された格好だといえます。

     社運を賭けて「もりかけ問題」を仕掛けたわりに、朝日新聞自身の調査でも、安倍政権に対する支持率がしつこく一定水準以下にならないという状況にあるのです。

    ●ネット層はもう騙されないぞ!

     ところで、この朝日新聞の世論調査を巡っては、過去にもう1つ、興味深い話題がありました。

    これは当ウェブサイトでも7月に『朝日新聞、「ネット層ほど内閣支持率が高い」とついに認める』で紹介したとおり、朝日新聞自身が「インターネット層ほど内閣支持率が高めに出る」とする記事を掲載した、というものであり、問題の記事は、これです。

    ■SNS参考にする層ほど内閣支持率高め 朝日世論調査(2018年7月16日04時57分付 朝日新聞デジタル日本語版より)


     この記事によると、「一番参考にするメディア」という質問項目に「SNS」と答えた層の内閣支持率は48%、不支持率は22%だったのに対し、「新聞」と答えた層の内閣支持率は32%、不支持率は54%に達した、というものです。これを分かりやすく図表にしておきましょう。

    ■図表 朝日新聞が報じた情報源と支持率の関係
    20180913SERON
    (※クリックで拡大)

    (【出所】朝日新聞記事)

     要するに、「新聞、テレビを参考にしている人ほど政権支持率が低くなり、インターネット・ユーザーであるほど政権支持率が高くなる傾向にある」という、普段から当ウェブサイトで主張している仮説とまったく整合する調査結果が出た、というものです。

     ここからわかることは、「新聞、テレビの論調が著しく政権批判に偏っている」のか、「インターネット空間の論調が著しく政権支持に偏っている」のか、あるいはその両方である、ということです。

     もちろん、新聞やテレビの関係者の立場としては、「我々はあくまでも公正な視点で報じている」と主張したいのだと思いますので、彼らの立場から見れば、「インターネット言論空間こそ不公正であり、偏っている」という結論になるのだと思います。

     しかし、新聞社やテレビ局の関係者が常々勘違いしているのですが、実際には「インターネット世論」というものは存在しません。そこにあるのはインターネット・ユーザーによる自由闊達な意見交換であり、誰かが特定の方向に世論を誘導している、ということではないのです。

     もちろん、参議院議員の青山繁晴氏などは、「特定国のカネによる支援を受けたネット工作員が、日々、インターネット上で工作活動を行っている」と指摘していますが、こうした「ネット世論誘導」がなされていることも事実でしょう。

     しかし、特定国の勢力がそのようなことをやっているのだとしたら、それは日本国民の力を見くびり過ぎです。私たち日本国民は、あなた方が考えるほど愚かな存在ではありません。自分の頭で考え、行動するだけの賢明さを備えているのです。

    ●正念場は総裁選後

     ところで、朝日新聞の世論調査で内閣支持率が不支持率を上回った理由は、いったい何でしょうか?

     私の主観で恐縮ですが、これは、国会が閉会中であり、大災害なども相次いだことに加え、体操選手の不祥事といった、いかにもテレビが好きそうな「ゴシップネタ」にテレビ業界が食いついているために、「もりかけ問題」などが霞んでいるからではないかと思います。

     つまり、政権を叩くネタがなくなれば、内閣支持率は勝手に上昇してしまうのです。ただ、裏を返して言えば、「政権を叩くネタ」を誰かが付け火すれば、それにより再び政権支持率が急落するという展開は、十分に考えられることです。

     さしずめ、今月20日に投開票が行われる自民党総裁選で安倍晋三総理大臣が3選されるのが確実な情勢ですが、正念場はその直後に来るでしょう。というのも、安倍総理は今秋にも改憲草案に取り掛かる意欲を示しているからです。

     てきた本当の目的は、改憲議論そのものを封殺することにあります。そして、その目的だけのために、それこそ社運を賭け、ときとして日本共産党や立憲民主党などの「政界の国民の敵」とも連携して来たのではないでしょうか?

     そうであるならば、「もりかけ」級の虚報が、朝日新聞社から投下される可能性には十分な注意が必要だと思います。

    憲法改正は重要だが…

     さて、私自身、憲法改正は今すぐにでも必要だと考えています。そして、もし、改憲に前向きな勢力が衆参両院で3分の2を占めていたら、今すぐ、憲法第9条そのものを削除するくらいの勢いで改憲発議がなされてしかるべきでしょう。

     しかし、現実に衆参両院を見渡すと、たしかに自民党と日本維新の会、連立与党である公明党などの勢力は3分の2を占めていますが、肝心の公明党自身が改憲に否定的です。このため、仮に改憲を巡って公明党の賛成を得るためには、公明党に配慮する形で「加憲」という形によらざるを得ません。

     自民党総裁選に出馬している石破茂氏は憲法第9条そのものの抜本的改正を主張されているのですが、実現不可能な理想論を持ち出すあたり、改憲そのものが「おじゃん」になってしまう危険性がある点を、まったく理解していないとしか思えません。

     ただ、私は最近、場合によっては、憲法改正を後回しにしても良いのではないか、と思うようにもなりました。要するに、憲法改正よりもテレビ局改革を優先させる、という考え方です。

     あくまでも私の主張ですが、「日本の国益」とは「日本の軍事的安全と経済的発展」という2本柱であり、「愛国者」とは「日本の2つの国益を大切だと考える人」のことだと思います。

     そして、「日本国民の敵」とは、主権者である日本国民から選ばれたわけでもないのに不当に大きな権力を握り、この2つの国益を積極的に破壊しようとする勢力のことです。

    日本国民の敵とは…選挙で選ばれたわけでもないくせに、不当に大きな権力を握り、国益に反することばかりやる勢力のこと。

     官庁におけるその筆頭格といえば、ウソの情報を積極的に流してまで、何としても増税を実現しようとする財務省という究極の利権官庁です。財務官僚は選挙で選ばれたわけでもないくせに絶大な権力を握り、増税によって日本経済を破壊しようとしている、れっきとした日本国民の敵です。

     また、憲法改正を含め、日本がマトモな国になろうとすることを全力で阻止してきたのは朝日新聞です。朝日新聞記者は選挙で選ばれたわけでもないくせに、「情報」という権力を握り、報道によって日本の安全保障を破壊しようとしてきた、れっきとした日本国民の敵です。

     さらに、野党議員、とりわけ旧民進党(現・立憲民主党と国民民主党)や日本共産党などの議員も、選挙で多数派を形成しているわけでもないくせに、質問時間を不当に多く得ていて、政府・与党の足を引っ張り続けるという意味で、れっきとした日本国民の敵です。

     この、「官僚、マスコミ、野党議員」という「悪の枢軸の3点セット」こそが、日本という国の足を引っ張り、国益に反する代表格です。そこで私は、マスコミ改革として、まずはテレビ局の参入を自由化するような、放送法改革と電波オークション制度の創設などが必要だと考えています。

     まずはGACKTコイン疑惑を抱える野田聖子氏には総務大臣をご辞任いただき(ついでに議員辞職もしてほしいと思います)、放送法改革、NHK改革などを推進し得る人材が総務大臣に就任すべきです(これについては、意外と上川陽子法相あたりが適任だと思います)。

    http://shinjukuacc.com/20180822-02/

     いずれにせよ、私が主張したいのは、憲法改正はもちろん重要ですが、選挙で選ばれたわけでもないくせに、不当に絶大な権力を握り、日本の国益を破壊している勢力を弱体化させることもまた重要だ、ということです。

     3選後の安倍総理が、まずは放送法改革、財務省改革、消費税法廃止などに踏み切れるかどうかを、私は「日本の主人公」である日本国民の1人として、じっくりと見極めさせていただこうと考えています。


    「新宿会計士の政治経済評論」より転載
    http://shinjukuacc.com/20180913-02/

    10

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。