«
»

同性カップルの“非生産性”論争 出産念頭にした婚姻制度

民法の考えと同じ杉田論文 “LGBT派”の排他性露わに

 月刊「新潮45」8月号に載った論考「『LGBT』支援の度が過ぎる」をめぐり、寄稿者の保守派の衆院議員、杉田水脈(みお)(自民党)がマスコミや国会議員などから激しい批判にさらされている。ゲイを名乗る人間からは、事務所に「殺してやる」と脅迫メールが届き、被害届けを出したという。

 筆者は前回のこの欄で、現在のLGBT(性的少数者)の権利拡大運動について「“多様な性全体主義”とでも呼びたくなるような危うさを感じる」と書いた。その意味は活動家、支援者そして一部行政の動きが「寛容な社会の実現」を標榜(ひょうぼう)しながら、実際はその運動に対する批判を許さない不寛容な社会にしてしまうことへの危機意識の表明だったが、LGBTへの行政支援に疑問を呈した杉田への批判をみると、その懸念が姿を現したと言える。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。