«
»

2期目の蔡英文政権1周年 台湾、中国から「二つの脅威」

中央感染症指揮センターを訪れ関係者を激励する蔡英文総統=台湾総統府HPから

新型コロナ対策に尽力 最大の課題は安全保障

 台湾は2期目の蔡英文政権発足から1周年を迎えた。蔡政権は、世界を震撼(しんかん)させ続けている新型コロナウイルス感染対策に尽力し求心力を高めた一方、「武力行使も放棄しない」と公言する中国の台湾併合への野心をどう牽制(けんせい)するか迫られている。中国から「二つの脅威」を受けている台湾を特集する。(編集委員・池永達夫)

 アジア開発銀行(ADB)は先月28日、今年の台湾の経済成長率が4・6%になるとの見通しを発表した。昨年12月の予想を1・3ポイント上方修正した。

 新型コロナウイルスによる世界市場の縮小にもかかわらず台湾経済の強靭(きょうじん)性を維持できたのは、電子製品の技術水準と製造能力の高さに代表される輸出産業が国内総生産(GDP)を押し上げたからだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。