ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

「つなぐ授業」でめきめき成果

「つなぐ授業」でめきめき成果

「全国学力調査」で上位の秋田県大仙市

 文部科学省の「全国学力・学習状況調査」で毎年全国上位の成績を収めている秋田県。中でも大仙市は県内でも上位クラスで、市立西仙北中学校(佐藤心一校長、207名)は「学び合い 支え合い 高め合い」による「つなぐ授業」で成果を上げている。(市原幸彦)

 同校は県東南部の緑豊かな田園地帯に囲まれた丘陵上に位置する。周辺に塾も少なく、平日の家庭学習時間は県平均よりも少ないことが課題だった。

 佐藤校長は「学校の授業での解決と、家庭との連携で学習時間を増やすことが課題」とし、「つなぐ授業」や表現力の向上、小中連携などの諸改革に取り組んでいる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。