«
»

児童虐待で“連鎖”煽る戦後の価値観に迫れなかった「深層ニュース」

◆リスクを「過小評価」

 昨年度に児童相談所が対応した子供に対する虐待件数が12万件を超え、過去最悪となった。記録の残る1990年度以降、26回連続して記録を更新しているのだから、この社会の病理現象の深刻度は誰でも分かりそうなものだ。しかし、政府の対応は鈍い。この問題のリスクに対する認識がまだ十分社会に伝わっていないのだ。

 先月23日放送のBS日テレの時事討論番組「深層ニュース」は冒頭の統計の発表を受け、児童虐待をテーマにし、ゲスト出演した専門家はリスクへの「過小評価」を訴えた。しかし、その過小評価を生む背景について言及できなかったところに、問題の根の深さが表れていた。

 「日本は虐待を過小評価している。2012年のデータで、社会的なコストは1・6兆円。毎年これだけの被害を与えている。それにもかかわらず、少ない人数で対応している」


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。