ワシントン・タイムズ・ジャパン

沖縄県、人材育成目指しモンゴルなど3カ国に高校生39人派遣

800-1

アジア途上国で国際協力を学ぶ

 沖縄県の「おきなわ国際協力人材育成事業」で高校生39人がモンゴル、カンボジア、ラオスの3カ国に、それぞれ13人が派遣された。今年で5回目となる同事業は、国際社会に必要な人材育成プログラムで、沖縄独自の取り組みとして注目を集めている。(那覇支局・豊田 剛)

 「国際協力レポーター事業成果報告会」が8月27日、浦添市の国立劇場おきなわで行われた。同事業は、国際協力機構(JICA)沖縄センター、青年海外協力協会(JOCA)沖縄支部らが協力。青年海外協力隊などが行う国際協力活動の現場視察や現地の人との交流を行うもの。

 アジア・太平洋地域における国際交流・協力拠点を目指す沖縄県は、「海外のさまざまな国との交流と協力が重要で、国際社会からの認知が必要」との認識から、国際人材教育に力を入れている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。