ワシントン・タイムズ・ジャパン

長寿国日本、次の課題は「健康寿命の延ばし方」

長寿国日本、次の課題は「健康寿命の延ばし方」

社会と繋がり「心の健康」増進

東京都健康長寿医療センター研究所 大渕修一部長

 日本は世界に冠たる長寿国になった。しかし、その裏で要介護や寝たきりになって余生を過ごす高齢者もいる。長寿を達成した日本、次の課題となっているのが健康寿命の延伸。東京都理学療法士協会は、このほど、「健康寿命の延ばし方」と題して、東京都健康長寿医療センター研究所の大渕修一部長による講演会を京王聖蹟桜ヶ丘ショッピングセンターのアウラホールで開いた。

 政府が発表している平均寿命は女性86・4歳、男性79・6歳。健康な期間が女性で73歳、男性で70歳。“不健康の寿命”が女性で12年、男性で9年。そんなに“不健康寿命”が長いのかと、思わされる。長寿医療センターのある板橋区で大渕氏らが調査してみたら、「設問の定義」によって大きく開きがあることが分かった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。