ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

石川県輪島市「漆再生プロジェクト」が始動

石川県輪島市、「漆再生プロジェクト」が始動

地元で植樹・採取の仕組み

 輪島塗で知られる石川県輪島市で、漆の木を植樹し、その漆から採取した樹液で輪島塗を作り、その漆器を使ってもらおうという官民協働型の「輪島漆再生プロジェクト」が始まっている。原材料のほとんどが安価な中国産で占められている現状を克服し、地元産の漆を使うことで新たな需要を掘り起こそうという試みだ。(日下一彦)

 先月中旬、輪島市で漆に関わる職人や漆器業界の関係者、大学の研究者などが集い、漆文化と漆産業の再興を目指して情報交換する「漆サミット2013 輪島」(主催・同実行委員会など)が開かれた。同サミットは今年で5回目、昨年は樹液の産地・岩手県二戸市浄法寺町で開かれ、それ以前は漆の研究プロジェクトに取り組んできた明治大学が会場だった。漆器産地での開催は今回が初めてとあって、参加者たちはディスカッションの合間に工房を見学したり、漆器造りなどを体験していた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。