ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

問題解決に大人の関与が不可欠、沖縄・那覇でいじめシンポジウム

問題解決に大人の関与が不可欠、沖縄・那覇でいじめシンポジウム

ネットワーク全国代表の井澤一明氏 学校の仲介が基本

 沖縄の小中学校で重度のいじめ事件が起きている中、民間非営利団体(NPO)「いじめから子供を守ろう!ネットワーク沖縄」(富川昇代表)は3日、那覇市でシンポジウムを開き、いかにしていじめを早期発見し対処するかについて議論した。学校だけに頼らず、親が関与して早期発見、早期対応することの重要性を確認した。(那覇支局・豊田 剛)

 昨年、沖縄県豊見城市の小学4年生がいじめを原因に自殺し、県内の教育現場に大きな衝撃を与えた。学校側は自殺発覚当初、いじめとの因果関係を否定。教育委員会と一緒に事実隠蔽(いんぺい)を図ろうとした可能性が強い。

 今年に入ると、沖縄市の中学校で1月、1人の無抵抗の男子中学生を複数の中学生が殴る蹴るの暴行をしていたことが、投稿動画により発覚した。その際、周りにいた生徒は誰一人として制止しようとしなかった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。