ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

「思考力・想像力を育てる 読むことの学習」

「思考力・想像力を育てる 読むことの学習」

つなぎ言葉の理解深める児童たち

 「思考力・想像力を育てる 読むことの学習」を主題に教育研究を行ってきた東京学芸大学国語教育学会は昨年度から継続してきた教師の授業力向上の研究成果の発表がこのほど、東京都練馬区の同大学附属大泉小学校で学校関係者ら約150人を集めて行われた。1年うめ組31人に担任の山下美香教諭が「はたらく じどう車」の公開授業(写真)を行い、「説明的文章の学習指導における主体的・対話的な深い学び」をテーマに白百合女子大学の河野順子教授の講演が行われた。

 公開授業では教科書の「はたらく じどう車」を学習材に救急車の「やくわり」と「つくり」の関係性を考えながら「ですから」というつなぎの言葉を児童たちに理解してもらい、文章を書くことを目標にして行われた。

 Aとして「きゅうきゅう車は、けがやびょう気でねたままうごけない人をはこぶ じどう車です。

 ですから、タイヤのついたベッドを つんでいます。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。