ワシントン・タイムズ・ジャパン

東京都多摩地区教育推進委員会が報告会

東京都多摩地区教育推進委員会が報告会

カリキュラム・マネジメントを通して

 東京都多摩地区教育推進委員会は、次期学習指導要領の方向性を踏まえ、「これからの時代に求められる資質・能力の育成-カリキュラム・マネジメントを通して」と題して立川市市民会館で教育関係者400人を集め、平成28年度研究報告会を開いた。また、千葉大学教育学部の天笠茂特任教授による「資質・能力の育成とカリキュラム・マネジメント」と題した講演が行われた。

 「教科横断を踏まえた教育活動の改善」「教育の質向上に向けたカリキュラムの構成」と、「Plan(計画)」「Do(実践)」「Check(評価)」「Action(改善)」のPDCAサイクルの推進を見据えたマネジメントの二つの部会から実践例が示された。

 「教科横断を踏まえた教育活動の改善」では複数教科で育みたい重点的な資質・能力を、①知識、技能②学びに向かう力、人間性③思考力、判断力、表現力――の3点に整理。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。