ワシントン・タイムズ・ジャパン

森友学園副理事長に焦点合わせた文春、事件の背後をのぞく新潮

◆強烈な個性の持ち主

 「森友学園」騒動は安倍政権を揺るがす“大疑惑”に発展するのか―。

 これまで全く攻め手を欠いていた野党はここぞとばかりに、籠池泰典同学園理事長と首相夫人・安倍昭恵氏の国会証人喚問を求めている。“晒(さら)し者”にすることで「安倍一強」を崩したいということだろう。

 自民党は今のところ拒否の構えを崩していないが、週刊誌が根掘り葉掘り、森友学園周辺を嗅ぎ回って野党の援護射撃を買って出ているから、自民党が抗しきれるかどうかは分からないが、ここにきて突然、籠池理事長が退任を発表し、小学校の認可申請も取り下げたため、野党がこのまま攻め続けられるかどうかは分からなくなってきた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。