«
»

存在意義問われる地方私立大

宮城 能彦

課題は学力・意欲の向上 学生を社会に送る「最後の砦」

沖縄大学教授 宮城 能彦

 ここ数年、地方の私立大学、特にいわゆる「偏差値」が高くない大学の存在意義について議論されることが多くなったように思える。すなわち、低レベルの大学はいらないのではないかという議論である。

 私が大学で教えるようになって30年が過ぎた。実はこの仕事に就いてからずっと悩み続けていることがある。しかし、おそらくそれは世間の人々が想像するものとは多少のズレがあるだろう。当事者側の事情を知ることによって、日本における大学についての議論が深まり実のあるものになってほしいと思う。

 30年前に初めて保育系短大の非常勤講師として教壇に立った時、私にとっては何から何まで「異文化」体験であった。

 約150人の教室。授業時間が始まり私が入室しても私語は止まらない。私が学生として経験し「当たり前」だと思っていたことが通用しない世界だったのである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。