ワシントン・タイムズ・ジャパン

大学の東京集中を是正するために、とにかく地方に作れ! ←失敗しそう

 もしかしたら、今後の大学受験に非常に大きな影響を与えるかもしれないニュースがありました。

【 東京への大学集中、是正検討=地方創生で有識者会議―政府 】

 若者が生まれ育った地元に定着し、地方創生の担い手となることを目指すため、、大学の経営に注文をするそうです。
地方の大学創設を奨励、都内の大学は学部の新設を抑制、地方への移転を奨励など
何とか、地方に人を送りたいという事ですね。

 まず、中身を読んだ時に思った感想としては、
物凄く失敗しそう・・・そして共感出来ない・・・

 僕、一応は地方出身(山梨)なんですけど、
「山梨大学があるから、将来も山梨に住もうっと♪」って言ってる高校生を見た事がありません。
大学が直接影響しているケースは、比較的少ないのでは??

 いや、地元の大学が学生の仕事を斡旋しているからとか、大学の内部で働くとかで、地元に残るってケースはあるでしょう。
でも、それは直接の原因ではなくて、そこに仕事があるからでしょう。山梨大学があるから、山梨に残ろうっていう人は少ないと思います。

 ただし、全て反対だというわけではありません。
東京だけではなくて、地方に行っても素晴らしい大学がある国になるのであれば、それは素晴らしい事だと思います。
秋田の国際教養大学なんて典型例でしょう。こういう個性的で人気のある大学が、もっと他の地方にあれば、良い国だろうとは思いますね。

 ただ、だからと言って大学を地方に作っちゃえと、結果だけ誘導しても上手くいかないでしょうね。
 急に大学が地方に出来ても、人が集まらなくて結局失敗・・・なんてストーリー、誰でも想像できます。

 だから、僕がツッコミを入れているのは、プロセスと原因分析です。
地方に人口が定着しないのは大学がないからではないし、
いきなり大学を地方に創設しても失敗する確率が高そう。
素人目ですみませんが、こういう視点を持って「有識者会議」の先生方に話し合っていただきたいと思います。(あまり期待してませんけど)

【〆の一言】
実際、生徒の進路相談でも、地方の大学って国公立ばかり話題になるんですよねぇ


「東大に文理両方で合格した男が綴る、受験の戦略」より転載
http://ameblo.jp/pipinee/

3

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。