ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

“脱不登校”目指し、やる気をお膳立て

“脱不登校”目指し、やる気をお膳立て

「フリースクールだいと」の取り組み

 フリースクールなど学校以外の場で学ぶ不登校の子供の支援を目的にした教育機会確保法が、昨年12月に国会で可決、成立した。仙台市内で地域に根差した取り組みや学校との連携で成果を挙げている「フリースクールだいと」(石川昌征〈まさゆき〉代表)を訪ねてみた。(市原幸彦)

 「フリースクールだいと」は、不登校になったり、そうなりそうな児童・生徒に対する学習支援と、体験学習や対人関係を習得するソーシャルスキルトレーニング等を使った社会教育を展開している。高卒認定試験、介護などの資格取得も支援する。

 市の中心街から離れた住宅街にある民家(2階建て)がこの「学校」。子供たちの素直そうな様子や明るい笑い声が印象的だ。3教室ある環境を最大限に生かし、個別学習、段階的な集団指導を行う。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。