«
»

前近代の教育が教えること

加藤 隆

正しい姿勢と素読重視

名寄市立大学教授 加藤 隆

 近代国家を目指して日本が邁進(まいしん)していた明治の終わり頃、期せずして、内村鑑三と新渡戸稲造は教育に関して同じ警鐘を発している。

 「近頃、毎日思わせらるる事は、今日の日本に教育らしい教育のないことである。殊に大学の教育と来たならば、それは教育ではない。人格の破壊である。日本に於いては教育は専門家の製造である。人を作ると云う事の如きは、日本の教育者は之を念頭に置かず、又為すこともできない。」(内村)

 「今日の教育たるや、吾人をして器械たらしめ、吾人をして厳正なる品性、正義を愛するの念を奪いぬ。一言にして云わば、我祖先が以て教育の最高目標となしたる、品性てふものを、吾人より奪い去りたるものなり。」(新渡戸)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。