«
»

沖縄で教える日本の言葉と文化

沖縄で教える日本の言葉と文化

体験で知るルール、習慣、伝統

ゴレスアカデミー日本文化経済学院 仲田俊一理事長に聞く

 沖縄には外国人を対象にした日本語学校が10校ほどあり、年々生徒数は増加している。その中でも、那覇市にある学校法人ゴレスアカデミー日本文化経済学院は留学生に対するきめ細かなサービスや日本文化を体験的に学べることから人気を集めている。18年間、理事長として留学生と接してきた仲田俊一氏に聞いた。(沖縄支局・豊田 剛)

 ――理事長として日本語学校を経営してみてどうか。

 本校は1998年に設立され、その翌年、学校の経営再建をお願いされ、理事長を引き受けた。その当時、沖縄なのにどうして「日本文化経済学院」という名前なのか疑問に思った。台湾出身の経済人が「台湾から見る日本に憧れている。日本文化を台湾などアジアの人々は知りたがっている」と言った。「日本文化」は海外で一番魅力ある言葉でもある。

 ――学生の出身国の傾向はどうか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。