ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

情愛ほとばしる「親子の手紙」、夏休みの課題などに活用

情愛ほとばしる「親子の手紙」、夏休みの課題などに活用

「親子の架け橋一筆啓上」が石川県の小中学校で19年目

 石川県が親と子のコミュニケーションを計るために取り組んでいる「親子の架け橋一筆啓上 親子の手紙」(主催・心の教育推進協議会)が、今年で19年目を迎えた。日頃、なかなか口にできない親子のそれぞれの思いを、百字以内につづった手紙で伝える事業だ。親子間の会話が取りにくいとされる昨今、互いの気持ちを理解することや、家族の話し合いを大切にする気運を高めており、静かな広がりをみせている。(日下一彦)

 「挑戦状!お母さん、どうやら私は『反抗期』に突入した模様です。お手伝いは、たのまれるとしたくありません。なぜか、色々なことに腹が立ちます。お母さん、こんな私の挑戦状、受けとってもらえますか」(小6・女児)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。