ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

全国美大系学生の展示会「漆芸の未来を拓く~生新の時2016~」開催

「漆芸の未来を拓く-生新の時2016-」開催

学生たちの意欲溢れる作品展を石川県輪島漆芸美術館で

 石川県輪島市の県輪島漆芸美術館では、大学や大学院で漆工芸を学び、今春卒業および修了した学生たちの漆芸作品を展示した「漆芸の未来を拓(ひら)く~生新(せいしん)の時2016~」が開かれている。今年で9回を数える恒例の展覧会で、地元の金沢美術工芸大、金沢学院大、富山大はじめ、東京藝術大、京都市立芸術大、東北芸術工科大、広島市立大に加え、今回から沖縄県立芸術大が出品し、計41点の意欲作が並んでいる。(日下一彦)

 近年、漆器産業全体が厳しさに直面しているが、4年制の大学で漆工芸を学ぶ学生は、増える傾向にある。参加大学の中で、東京藝大と京都市立芸大は120年を越える歴史がある。特に東京藝大美術学部工芸科の漆芸研究室は1887(明治20)年に開設され、漆芸家の室瀬和美氏(人間国宝)ら国内外に多くの作家や研究者を輩出している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。