«
»

保育士の魅力発信しよう、渋谷で「おしごと応援フェスタ」

保育士の魅力発信しよう

「親は感謝の気持ち忘れずに」 つるの剛士さん

 保育士の離職率の高さや待機児童など、保育の現場で「保育士不足」が深刻化する中、東京都は今月14日、東京・渋谷のヒカリエホールで、保育の仕事の魅力を発信するイベント「保育のお仕事応援フェスタ2016」を開催した。保育所などでの就労希望者に、事業者との就職相談会のほか、「イクメン芸能人」として知られるつるの剛士さんや、Twitterフォロワー35万人の保育士として話題の「てぃ先生」らがトークショーやパネルディスカッションを行い、子供の成長における保育士の役割の重要性、夫婦円満の大切さを訴えた。(社会部・宗村興一)

 一男三女の父親として育児や家事を積極的に行っているつるのさんはトークセッションに登場。東京都が保育所などへの入所待ちの待機児童が多いこともあって、まず「今日集まってくれた保育を勉強する学生さんたちは希望ですね」と語りかけた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。