«
»

福島大、「農学系学部」新設を本格検討

福島大、「農学系学部」新設を本格検討

平成30年度春のスタート目指す

 国立大学法人福島大学(福島市)はこのほど、「総合科学としての農学」を学ぶ学士課程レベルの教育研究組織(学部相当、4年間)を設置することについて本格的な検討を始めた。組織の開設時期は平成30年春を目指し、既存の2学群4学類の再編も行う。(市原幸彦)

 東京電力福島第一原発事故の復興再生に加え、環太平洋連携協定(TPP)への対応、農家の高齢化や担い手不足といった構造的な問題もあり、福島県の基幹産業である農業は大きな転換点を迎えている。また、農業の企業経営的な発想の必要性が指摘される。

 一方、生産から流通、販売を手掛ける6次化の取り組みや観光産業との融合など、農業に新たな価値を付加する動きが出てきた。生物化学やバイオ技術の導入も進み、若者が農業を職業として選択する可能性も広がっている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。