«
»

人権教育によるいじめ防止

人権教育によるいじめ防止 理解により自分との「違い」を克服

理解により自分との「違い」を克服

「ユース・フォー・ヒューマンライツ」 生地真矢子さんに聞く

 いじめを苦にした子供の自殺が後を絶たない。校内暴力も小中学校で増えており、子供の人権意識や他者への共感を育むことが学校教育の大きな課題となっている。人権尊重の啓発に取り組む非営利団体「ユース・フォー・ヒューマンライツ ジャパン」(YHR)の生地真矢子さん(42)に、いじめ問題を中心に、YHRが行っている出前授業などについて聞いた。(森田清策)

 大阪大学人間科学部で教職の免許を取得した生地さんは2001年から12年まで米国フロリダに住み、カウンセラーを務めた経歴を持つ。そこで人権侵害の深刻さに直面。12年冬に帰国して、YHRの活動に参加した。

 本部を米国ロサンゼルスに置くYHRは世界80カ国200支部を抱える。日本では2004年から活動を開始。生地さんは現在、代表代理を務める。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。