«
»

物で解決しない子供の貧困

加藤 隆

個人主義で未熟な親に

名寄市立大学教授 加藤 隆

 「こどもの日」の5月5日が過ぎたが、明るい響きとは裏腹に、子どもの貧困が日本社会に広がっている。世間では株価2万円、春闘ベア最高水準の新聞見出しが躍る一方で、人知れず貧困に直面している子どもが増えている姿は尋常ではない。なぜ子どもの貧困が増加しているのだろうか。その事実経過と、問題の底流にあるものを考えてみたい。

 厚生労働省が昨年まとめた調査(2012年度の実績値)によると、18歳未満の子どもがいる世帯の相対的貧困率は16・3%であり、実に子どもの6人に1人が貧困の結果になっている。さらに、根が深いのは、年々この状況が悪化していることであり、1985年では10%台だった貧困率が毎年過去最高値を更新し、今回ついに16%を超えた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。