«
»

山梨県教委、文科省の道徳教材調査内容を書き換え報告

400

学校の回答正確に伝えず

 文部科学省発行の小中学生向け道徳教材「私たちの道徳」を児童・生徒の自宅に持ち帰らせていない学校が多くある問題で、文科省が昨年10月までに実施した同教材に関する調査のうち、山梨県教育委員会が山梨市内の小中学校から上がってきた回答を書き換えて同省に報告していることが世界日報の調査で分かった。同県教委は本紙の取材に「変えていいと判断した」とし、書き換えを認めている。意図的に改ざんして文科省に虚偽の報告をしたとすれば、議論を呼びそうだ。

 問題の調査は、文科省が「私たちの道徳」の活用状況を調べたもので、各教育委員会を通して全国の公立小中学校に対して実施。「私たちの道徳」を「学校に置いたままとせず家庭に持ち帰るようこれまで(回答時まで)指導をしていますか」との問いに①すべての学級で指導している②一部に指導していない学級がある③指導していない―の中から選んで回答するものだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。